今頃気が付いた(汗)

なんだかんだで今月でブログ始めて一周年になるのか……。
いやはや、月日の流れというものは早いものですねぇ。(^^;)

更新頻度上がったり下がったりだけど、この調子でマターリと続けられたら良いなぁ……。

BRD 黒サイレンサー装着&ドライブスプロケットサイズの変更

BRDチャンバー本体のエキパイ近くの錆を落として、再び全体に黒の耐熱塗料をスプレー後、フランジ周りに液状ガスケットをたっぷり塗った。
さらにフランジを固定するスプリングを1本から2本に増やしたんで、多少はエンジンからの振動対策になるかな?

20070528175550.jpg


やっぱり黒は引き締め感抜群ですね~♪
モノトーン色のバイクもなかなか捨てたもんじゃないw

で、ドライブスプロケットを14丁→13丁に……。
チェーンの掃除&注油後、今日は珍しくその日の内に試乗へとw
うん、前に比べると中低速辺りのトルク感が明らかに上がっている。
純正チャンバー装着時の感じよりは若干劣るけど、9000回転以上でもしっかりトルク感が有るんで、多分このセッティングでこのままイケるでしょう。
正直今のほうが確実に街中では扱いやすいですね。(^^)


さて…次は連休間に一応キャブセッティングもし直そうかな。
その前にそろそろキャブの分解清掃を先にやったほうが良いかもしれないけど……。

TZM号の純正スプロケットサイズ

F-13丁、R-46丁だと思っていたのが、実はF-13丁、R-45丁だったのね……二次減速比は3.461。
どこでリア46丁と勘違いしたんだろう……。(汗)

まぁそれは置いといて、取り敢えずBRDチャンバー装着時にF-13丁、R-44丁を試すんですが、もう1セット……F-14丁、R-46丁の組み合わせも有りかな…と。
多分、前者のセッティングでほぼ決まりそうな気はするんですが、もしかしたら体感的に若干加速重視過ぎるようになるかも。
後者で決める場合、新たにチェーンを買う必要が出てくると思うんで、出来れば前者でバシッと決まって欲しいところ。

BRDサイレンサーが届いた

先日注文したサイレンサーが早速届いたんですが、中を開けてビックリ!
頼んでもいないチャンバースプリング2本とBRDのステッカーが大小合わせて4枚も一緒に入っていて、ちょっと感動。

20070527020109.jpg


元々電話する前に予備の為にスプリングも一緒に頼もうと思っていたけどすっかり忘れていて、まぁいいやってな感じだったんだけど、これは嬉しい誤算でしたね~w
これはもうビトッチさんに感謝する他無いです。m(__)m
次回はグラスウール交換でお世話になるかもなので、その時はどうぞよろしくです。(^^)

今月のTZM号整備メニューは……

とは言うものの、5月ももう殆ど終わりなんですけどねw

取り敢えず、昨日出勤前にBRDに電話してサイレンサーを単品で注文。
電話で通信販売を頼むとか何年ぶりだろう……。
ホントは古いサイレンサーを送ってグラスウール交換……の予定だったんですが、元々白いサイレンサーカラーがあまり気に入ってなかったんで、思い切って新品の黒色に。
今日発送して下さるとの事なんで、早ければ明日には到着すると思うんで、今日は出勤前にパーツ屋でエキゾーストガスケットを買っておこう。

で、来月の上旬に諸事情によりまとまった連休が取れる事になったんで、BRDチャンバー装着状態でのマシンセッティングをもう少し細かくやろうかと。
キャブやらスプロケやらトータルでね。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第7話

前回、隕石落としの為にアクトオンした春香。
しかし、今回の出動は敵組織トゥリアビータの罠だった……春香の破壊した隕石の中から千早の操るヌービアムが現われ、春香の操るインベルに襲い掛かる。
不意打ちを喰らったインベルは、そのまま大気圏を通り抜けてまっ逆さまに日本へ落ちていく。
地面に打ち付けられる寸前になんとか態勢を立て直したインベル。
が、安心したのも束の間、直ぐにヌービアムが攻撃を仕掛けてくる。
必要に攻撃を与えていくヌービアム……インベルは抵抗する事も出来ず打たれるがまま。
かなり危険な状態のインベル、春香も動揺の色を隠せないでいたが、「今、自分が頑張らないとみんなを救えない」と、避難する人達を見て気を取り直し、ヌービアム目掛けて突っ込んで行く。
本部のほうが復旧した後、春香のモニターが映し出されるが、もうその時には見るも無残なインベルの姿が……春香も負傷して気絶してしまっている。
完全に制御不能となったインベルを、千早は事もあろうか高度2万メートルまで上昇して、そこから真下に落とそうとする。

春香、絶体絶命のピンチ! 春香の危険な状況を知らされた真は救出に間に合うのか!?

とまぁ…長い長い前回のあらすじはここまでにしておいて、第7話の感想といきましょうかw

20070520025951.jpg


真の救出によりなんとか命を取りとめた春香。
搬送されたインベルはズタボロ状態で整備クルー全員が慌しく動き回っている。
一方、病室では春香が意識を取り戻さないまま眠っている。
病室の外では心配そうに伊織が行ったり来たりを繰り返している。
そこに、課長の計らいで病室に行かせてもらえた雪歩がやって来て、一緒に病室に入る。
二人が春香の横たわる姿を心配そうに見つめていた時、そこに真が入って来た。
真は春香の容態など気にもせずに、急いで自分の体の検査をやってくれと安原先生に頼む。
その態度にキレた伊織は真に詰め寄ろうとするが、安原先生に止められる。

意識を失っている春香の頭の中では、ヌービアムとの戦いの記憶が回想されている。
インベルのモニターにWARNINGの文字が大量に表示されるが、春香は必死に「まだいける! まだいける!」と連呼。
そこで電力がプチンと切れたように周りが真っ暗になり、ここで春香の意識が回復。
その後、三浦主任にトゥリアビータがモンデンキントにとってどういう存在なのかを知らされる。

20070521032824.jpg


春香の意識が回復した事を知らされた雪歩と伊織は、急いで春香の元へ……途中、インベルの格納庫で春香を発見、春香はボロボロになったインベルを震えながら見上げていた。
「自分の所為でインベルをこんな状態にしてしまった。 もっと上手く操縦していれば……」と、自分を責めて泣き出す春香。

病室から自室に戻った春香、そこには雪歩が見舞いに来ていた。
インベルの修理が完全に終わり、いつでも起動テストが出来る状態になっていると雪歩に告げられる春香。

それから一週間後、起動テストを行う為に春香はインベルの元に。
キッチリ修復されたインベルを見上げる春香…その瞬間、春香の頭の中に遠い過去の記憶のようなものが過ぎった。
そして、いよいよ起動テスト開始、春香はやる気の出ないままキーを差し込む。
課長達の見守る中、インベルの出力値は少しずつ上昇していくが、春香は乗り気ではない。
出力値70%を超えたところで春香はインベルのグリップを握ろうと指先が触れた瞬間……また過去の記憶が過ぎって、春香は手を放し、インベルも出力が完全に停止してしまった。
三浦主任がもう一度トライしてみるかと訊ねたが、ダメです、無理です…少し休ませてくれませんか?との返事が……春香、完全にプレッシャーに押し潰されていますねぇ。
そんな姿を見ていた伊織には何かこみ上げてくるものがあったようで、自分の拳を握りしめた。

アイドルのキーを持って雨の降りしきる校舎の外を眺める春香。
再び過去の記憶が頭の中に……理由はまだ分かりませんが、どうやら幼少時代に両親が春香の元から姿を消してしまったようですね。
シルエットが父親と母親が並んでるんで、離婚とかそういうのではないと思いますが、春香は自分が嫌われた所為で両親が居なくなってしまったと思っている様子。
そんな春香のところに「起動テストのリトライ準備が出来た」と伊織が伝えに来た。
「バカリボンのクセに落ち込むなんて百年早いわよ。 インベルに悪い事したって思うなら、とっとと……」と伊織は励まそうとするが、春香は「自分はインベルに嫌われたんだ」と言い出す。
インベルの操縦グリップをに触れた時に全てが分かった、体の心から凍えるように冷たく、何も伝わってこなかった……と、そう言う春香。
嫌われたのなら好かれるように、もう一度最初からやり直せば良いと伊織は言うが、春香は今にも泣き出しそうに「無理だよ、一度嫌われたら絶対に振り向いてくれないの……」と言う。
やはり、今回のプレッシャーと過去のトラウマが一緒に襲ってきて、どうしようもない精神状態なんでしょうね、春香は。
「思ってた以上にバカね……。 アンタなんかバカバカバカリボンよッ!!」と怒鳴って春香の元から去って行く伊織。
その日の夜、春香は自室を抜け出して一人インベルの元へ。
どうやら実家に帰る前にインベルに別れの挨拶をしに来た様子。
キーを挿してグリップを握ったが、やはりインベルの気持ちは伝わってこなかった。

次の日の朝、雪歩が春香の自室を訪ねるが時既に遅し…もう春香の姿はそこには無かった。
インベルのコックピットを開けるが春香の姿は無し、雪歩は伊織達に他を探してきますと言うが、伊織はあんな負け犬は放っておけと言う。
そんな時、真が「どいてくれないかな…起動テスト、始めたいんだけど」と……もうこの人は憎まれキャラ確定だなw
コックピットに乗り込もうとする真を、伊織は無理矢理引きずり降ろして自分が乗り込んだ。
そして、自分のアイドルキーを叩き込んで「バカリボンもバカリボンだけど、アンタもアンタよ! 16年待ったんでしょ!? 良いの!? インベル!!」と叫びながらグリップを握る。

その頃、実家の有るたけとりちょうに着いた春香。
駅の公衆電話で実家に電話を掛ける。
叔父らしき人が電話に出たが、春香は何も言い出せないまま叔父に間違い電話と思われ、切られる。
林道を抜け大きな草原に出る。
大の字に寝転がり独り言を呟く……「もう咲いてると思ったけど、まっ良いかぁ。 曇り空だけど、まっ良いかぁ。 一人だけど、寂しいけど、まぁ……」と、片腕を目に当てて「良くない……うッ、うううぅ」と泣き出した。
ちょっとこの辺で自分の涙腺は緩んできたんですが、この後さらにお約束な展開がやってきましたw
辺りに物凄い音が響き渡り、春香は起き上がって後ろを振り返ってみると、そこにはインベルの姿が!?

う~ん、コテコテw コテコテだけど、こういう展開は大好き。(^^)

木陰から伊織が優しく微笑んでいた。
インベルが風を巻き上げた後、空から一厘の花が落ちてきた。
春香はそれを手に取ってインベルを見つめる、と同時にインベルも春香を見つめているように見えた。
インベルもロボットのクセになかなか粋な事をやりやがるなぁ…と感心してしまったw
「ありがとう…ありがとう、インベル」と春香は感謝の気持ちを胸にいっぱいにしたところで、流れるようにエンディング曲へ。


う~ん、良い感じですね~。
展開自体はありがちなものなんだけど、こういうあったか~い話は大好き…凄く癒されます。(^^)
これからは、現在視聴中のアニメで「良いな」と思った回は、出来るだけ感想を書いていこうかと思います。

CLAYMORE クレイモア 第7話

前回、クレアを助ける為に「決して人間を殺してはならない」というクレイモアの掟を破り、盗賊達を皆殺しにしたテレサ。
人間を殺してしまった場合、他のクレイモアから殺される掟になっているが、テレサは「まだ死ねない」と他のクレイモア達に致命傷を負わせクレアと共に粛清の場から逃亡。

20070517045438.jpg


とある町にテレサ討伐の為に4人のクレイモアに召集が掛かった。
全員選りすぐりのクレイモア達だったが、一人遅れて来たクレイモアがこれまたドジッ娘クレイモアw
さらには久川ボイスとまできているんですが、コイツがなかなかお強い様子。
全く気配を感じさせずに他の三人の近くに潜んでいた妖魔を四匹殺していた。
どうやら妖気を極限まで抑えて闘うのが得意なようです。

一方、ようやく落ち着けそうな町に辿り着いたテレサとクレアだったが、なんとまぁ町の真ん中で妖魔が男の子を人質に捕えているじゃないですか!
テレサは「今、民衆の前に出て妖魔を倒せば、正体がバレてしまうぞ? 柔らかなベッドで眠れなくなっても良いのか?」とクレアに訊くが、クレアは首を縦に振ってOKサイン。
この首の振り方がまたかわいいw
振った後にニッコリ笑顔が最高!ww
そして、テレサは妖魔を鮮やかに一刀両断!
町の人達から予想外な感謝をされたテレサは、驚きを隠せない表情を見せていました。

20070518041025.jpg


町の人に宿を案内してもらい、部屋の一室で一息つくテレサとクレア。
しかし、そんな穏やかな時間は長くは続かなかった……。

町の中に異質な妖気を3つ感じたテレサ、自分を討ちに来た者だと直ぐに気付いた。
自分の妖気を極限まで抑えてこの場をやり過ごそうとしたが、奴らには通用しないと読んで迎え撃つ事に……。
妖気を辿って宿屋の前に来た三人のクレイモア、そのまま宿の中へと入って行く。
そして、テレサとクレイモア現No.3のイレーネの久しぶりの顔合わせ。
軽く挨拶を交わし、始まる二人の攻防…まずはイレーネお得意の高速剣が炸裂……したかに見えたが、テレサには全く通用していませんw
二人がやり合っている下の階からノエルがテレサの立ち位置を狙って大剣を突き刺したが、テレサはひらりと身をかわす。
今度は背後からソフィアの攻撃!こちらもあっさりとかわし外へと逃れた。
と、テレサがふと後ろを振り返ると、最後のドジッ娘クレイモアNo.2の新人・プリシラがそこに立っていた。
どうやらテレサは全く気配に気付かなかった様子……やはりプリシラは要注意クレイモアらしい。(汗)

プリシラは人間の命を奪いクレイモアの掟を破ったテレサが今も尚生き続けているのが許せない様子。
「テレサさんの首、狩らせて頂きます!」と言い放ち、テレサ目掛けて突っ込んで来るプリシラ。
テレサとプリシラの激しい攻防、プリシラのほうが若干テレサを上回っているかもしれない……テレサは少し息を乱している。

そうこうしているうちにプリシラの形勢が悪くなってきた……テレサの元々の力量がプリシラを上回っているからだろう。
流石は「微笑のテレサ」と言われているだけの事はあります。
このままではプリシラの首が先に飛んでしまうと察知したイレーネは、プリシラに加勢に入ろうとする。
案の定、プリシラの首が落とされそうになったところを、イレーネの大剣が防いだ。
続けてソフィアが攻撃を仕掛けるが、足蹴にされて吹っ飛んだ。
さらにノエルも大剣を突き刺そうとするが、テレサは素早くジャンプしてその大剣の上に立ち、物凄い速さで移動してノエルの肩辺りを斬った。
まだまだ余裕たっぷりなご様子のテレサ、この人マジ強過ぎ!w

テレサを囲んだ状態で立つクレイモア四人衆。
プリシラは「一人を多人数で攻撃するなんて卑怯です!ここは自分ひとりで!」とイレーネ達に意見するが、イレーネがプリシラに葛を入れる。
「甘ったれるな! 私達は個々の腕試しをしている訳じゃない、あくまで組織の掟を破った者の刑の執行をしに来ているのだ。 相手を確実に仕留めなければ意味はない」とイレーネはプリシラに言う。
テレサを仕留める事だけを頭に入れろと言い、イレーネ達は妖力開放を始めた。
そして、決心が付いたかプリシラ……「すみません、テレサさん。 出来れば一対一で闘いたかったんですが、でも悪いのは全てアナタなんですッ!!」と言い、妖力開放を始めた。


いや~、クレイモアがここまで面白い展開になるとは全く予想していませんでした。
今期観るアニメの中には元々含まれていなかったんですが、同僚に勧められて第1話を観てからズルズルと今回の第7話までw
途中、話がグダグダになったりする事もなく、作画や動画も素晴らしいので、安心して観れていますね~。(^^)

今やっている話は、クレアの過去の記憶の回想のような感じですが、クレアがクレイモアになろうと決意したキッカケって一体何なんでしょう?
自分が予想するに「憧れのテレサのようになりたい!」という意志なんじゃないかと思うんですが、テレサってプリシラ達に殺されてしまうのかな……。
テレサは個人的に結構好きなキャラなんで死なないで欲しい、クレアと一緒に幸せに暮らして欲しい……けど、現在のクレアの様子を見ると、そういう展開になるのはまず有り得ないでしょうね。(苦笑)

原作読んでみようかなぁ……。

ノーマルチャンバー+YEC CDIが良い方向に……

昨日の出勤時がノーマルチャンバーに換えてからの初試乗だったんだけど、加速時のあまりのトルクの太さに驚いた。
4000回転~9000回転ぐらいまでのトルクがかなりヤバイです……ポッシュのリミッターカットを付けていた時のものとは比べ物になりません。(汗)

YECのCDI+ノーマルチャンバーは今回が初だったんだけど、これは街乗りメインな人にはかなりオイシイ組み合わせなんじゃないかと。
一応今のCDIセッティングは「ノーマルチャンバー・夏仕様」にしてあるんだけど、まぁこのままで特に問題はないでしょう。

ただ、高回転…10000回転以上が全くと言っていい程使い物になりません。(苦笑)
BRDチャンバーだと余裕で12000回転以上は回って、トルクもついてきていたんだけど、やっぱりノーマルチャンバーはそういう設計をされていないんで仕方がないよね。
こうなると、やっぱりBRDチャンバーは高回転型チャンバーだったんだなぁと思うけど、低中回転もそこまで悪くなかったと思う。
BRDチャンバーが今付けているノーマルチャンバーのと同等の中低速トルク+高回転バリバリなチャンバーだったら有り難いんですけど……50ccじゃ無理な話だろうな。(苦笑)

魔法少女リリカルなのはStrikerSの作画について

一応、今のところ7話まで欠かさず観てはいますが、正直今作の作画はひどいと思う。
まともに観れたのは第1話ぐらいなんじゃないかと。
何かもう顔とか毎回変わっているように思うんですが、もはや仕様として観たほうがいいのでしょうか?(苦笑)
こんな感じで2クール放送やっちゃうなんて、別の意味で神かもw

放送前はめちゃくちゃ期待していた人気シリーズの最新作だけに、只今心底ガッカリしておりますorz

でもねでもね…やっぱりキャロたんはイイ!(゚∀゚)
最近色んなアニメによく出演する高橋美佳子ボイス・炉Verもうまくマッチしているしねw
同じく召喚能力を持っている敵っぽい少女も出て来たし、今後キャロたんが活躍してくれる事を期待したいところですが……今の作画、もう少し何とかならんのか?(苦笑)

HEY!HEY!HEY!に堀江由衣が出演!?

小一時間前ぐらいかな……何気にテレビの電源を入れてヘイヘイヘイを観ていたら、オリコンチャート紹介で堀江由衣の新曲「Days / Say cheese!」が8位にランクインしていた。
まさか出て来ないだろうと思いながらも暫くそのまま観ていると、出て来ちゃったよコレがw
何か「自称17歳」とか言っていて微笑ましかった。(苦笑)

水樹奈々、平野綾、堀江由衣と3人声優が続いたんですが、みんなトークだけで歌無しなんですよね。
何かただのネタとして出演させられているように思えて仕方がないんですが、ファンの人とかどう思っているんだろう……。
声優に興味の有る人間として複雑な心境ですねぇ。(苦笑)

純正チャンバーに戻しました

純正チャンバー、やっぱり重い……何でこんなに重いんだろう。(苦笑)
排気音は静かになったけど、音質が何か湿った感じの音でイマイチ。

まぁ、暫くはこのまま乗るしかしょうがないよなぁ……。

排気音、そろそろ限界かな……

ホントに日に日にサイレンサーからの排気音がうるさくなってきているんで、不本意ながら純正チャンバーに戻す事にしました。
今日は早目に起きて嫌々ながらの交換作業をしたいと思います。
何が嫌かって?そりゃアナタ、純正チャンバーは形がダサ過ぎでしょ?(苦笑)
やっぱりBRDチャンバーのように後ろに流れるようにカチ上がっていないと。

早く河内屋サイレンサー出品されろって。
もしくはBRDさんに直接サイレンサーを送って、グラスウールを交換してもらうか……。

リアルで自分以外のTZM50Rを発見!

約4年ぶりぐらいだろうか、Web上や雑誌上等ではなく現実にTZM50Rを見たのは……。
通勤途中に自宅近くの路上に停まってたんですが、カウルのグラフィックで見た感じは4KJ-3型でアンダーカウル無し、確かドッグファイトのチャンバーが付いていたかな?

何気ない事なんですが、何か嬉しかったw

チャンバーサイレンサーの消音効果が……

最近少しずつ排気音が大きくなってきている様子……明らかにサイレンサーからの音が大きくなってきています。
出口の口径がNSR50とかと比べて細いんで、まだ多少はマシなんだと思いますが……。
なんとかしたいけど、BRDのサイレンサー単体を新品で買うと結構な値段になるんですよねぇ。(苦笑)
今は訳有りであんまり金使えないし、当分の間はこのまま耐え凌ぐしかないかなぁ。

フランジ周りの排気漏れは今はバッチリ大丈夫。
一回バラして磨いた上からデイトナ製のオレンジ液状ガスケットを塗りまくったんでw

久しぶりに素晴らしいギタリストを発見!

元々ギタリストを探していた訳じゃなく、YoTubeでアニメの「万能文化猫娘」のOVAを探していたら、横のサムネイル画像にキツネの面を被ってギターを持っている姿が目に映り、どうやらFF5のビッグブリッジの死闘を弾いているようだったのでクリックしてみる事に……。
で、やっぱりこの曲の大事な部分って出だしのイントロ部分だと思うんですが、この人はしっかりとやってくれています……

http://208.65.153.242/watch?v=01wPCacTWZk&mode=related&search=

いやいや、鮮やかなスィープピッキングです♪
自分には到底真似出来ませんorz

で、さらにこの人の演奏している動画を観ていく事数十分……硬派な人だと思いきや、ハルヒのGod Knowsやエヴァの残酷な天使のテーゼとかも弾いちゃってたりw
大体の曲は聴いたんですが、オリジナル曲がやっぱり印象に残ったかなぁ……

1. Over Drive

2. Ride on sky

上の曲はDOUGさんが好きそうなわりとキャッチーなハードッロックナンバー。
下の曲は最近はあまり聴かなくなったけど、自分が好きな系統のメロディック・スピードメタルナンバー。
この人はスィープピッキングもそうですが、ライトハンドを織り交ぜたネオクラシカル奏法が得意(好き)なのかな?……と、素人が勝手に見解してみるw

取り敢えず、このギタリストさんは今後要注意人物(良い意味でw)なんじゃないかと思いますね~。

アニメ 「BLUE DRAGON」 が意外にも面白い件

原作のゲームには全く触れずにアニメの第1話を観たんですが、コイツがなかなか面白かったw
放送されている時間帯を考えると、若干低年齢向けのアニメのような感じもしますが、結構ストーリーはしっかりとしていそうです。

そして、動画にするのは結構難しいと思われる鳥山明氏の絵柄も丁寧に作画されていて、それがそのまま動いているといった感じ。
作画に関しては、かなり出来は良いと思います。

さらに、鳥山明作品では絶対に有るといっても過言ではない「えっちな描写」が第4話で拝めますw
犠牲者は本作品ヒロインのクルックたん。
マルマロという小さい動物系(?)キャラにナイチチをモミモミされ、さらには服を捲られてパンツまで見られる始末。
つーかクルックの声、個人的に結構好みなんですけど、色々調べてみたら、癒し系アニメ「ARIA」のヒロイン役をされていた方なんですね。
アニメは第1期、第2期共に全く観た事ないけどw

同僚の話によると、ゲームはかなり楽しめたとの事。
何か最後の最後で大どんでん返しみたいな展開が待っているとかいないとか……。
そういう事を言われるとやりたくなってくるんですが、最近は家庭用ゲームをやり始めても長続きしない傾向が強いんで、今のところはやる気はありませんね。
まぁ、アニメの出来が良いことだし、このままアニメで原作の雰囲気を味わうってのも悪くはないんじゃないかな~。
アニメだけのオリジナルキャラの「巨乳ちゃん」も出て来るみたいだしねw

取り敢えず、現状クルック萌えみたいなんで、それで十分ですwww
カウンター
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

BLOW

Author:BLOW
趣味:アニメ、ゲーム、車、HM/HR

◆視聴中のアニメ◆
GRANBLUE FANTASY
進撃の巨人 Season2
Re:CREATORS
ゼロから始める魔法の書
終末なにしてますか?
エロマンガ先生
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
サクラクエスト
武装少女マキャヴェリズム
冴えない彼女の育てかた♭
つぐもも
クロックワーク・プラネット
テイルズ オブ ゼスティリア2
BanG Dream!
弱虫ペダル

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ


新しい記事
コメント
リンク
TRADINGBLADES
このブログをリンクに追加する
RSS Feed
カテゴリ
アーカイブ